雑記いろいろの最近のブログ記事

東京會舘ミュージカルサロンVol.19

今日は、東京會舘で、「石川 禅&吉野 圭吾ミュージカルサロン」に出かけました。
只今 帝国劇場で上演されていますミュージカル{ダンスオブヴァンパイア」にご出演の
お二人が、昼の部を終え、ここ東京會舘に駆けつけて下さいました。

東京会館.jpg
東京会館2.jpg
まだ日差しが、眩しい内から、フレンチを頂くのも少々気がひけますが、美味しく頂戴致しました。
お食事のテーブルの上には、お二人への質問用紙が置かれていました。
お食事終了後19時半位からお二人が、登場されてトークと歌のショーです。
もちろん登場の曲は、「ダンスオブヴァンパイア」のオーバーチュアです。
赤い怪しい照明に変わりがらりと会場の雰囲気は一変しました。
吉野さん・禅さん・司会の山内さん登場。
吉野さんの「葬送のタンゴ」・禅さんの「なだそうそう」で、幕開けです。
山内さんの名司会で、「素」のお二人を拝見することが出来ました。
お二人の出会い・昨年のシアタークリエ「レベッカ」で共演された二人、楽屋も同じで裏話暴露。
現在の舞台「ダンスオブヴァンパイア」での小道具のお話
禅さんの教授の衣装は、市村さんが使われていたものを着用されている とか
汗かきの禅さんのかつらの汗どめの秘密
吉野ヘルベルトのおみあしのお手入れ うさぎは何匹?ミュージカル大好き・ヴァンパイアマニア
ファンには、たまらないお宝話です。
そしてお互いの好きなところを3つあげて!は大爆笑でした。
東京會舘ローズルームに51卓までテーブルがあったのでは?
500人以上の二人のファンの聞きたいこと・知りたいことを上手に聞き出してくれる山内さんの
司会は、お上手でした。
ともすると能力もなく必要以上に華美で、汚い日本語でテレビ画面に登場するアナウンサーより遥かに素晴らしかったです。間の取り方、きちんと相手のことを待つ、言葉少なめですが
美しい日本語・決して固くならない会話。
彼らの舞台を含め沢山の舞台をご覧になっている経験値からの愛情あふれる司会ぶりが、
冴えてました。
エンディングの曲は吉野さんは、オープニング同様ジャックブレルから「絶望した人々」
禅さんは、ジキルとハイドから「This is the Moment」 豪華でした。

今月再度帝劇に「ヴァンパイア」を見に行きますが、違った感動を得られそうです。
楽しく美味しく心もお腹も大満足の素敵な真夏の夜でした。

頂いたMENUは・・・



今年後半のミュージカル

今年後半のミュージカル.jpg 「さよなら歌舞伎座」ということで今年は4月までに毎月歌舞伎座に通っております。だからと言って大好きなミュージカルを疎かにはしておりません。今年後半~年末にかけてのちらしを眺めながらの日程調整ほど楽しい事はありません。新作のミュージカルへの期待・再演の大好きなミュージカルへの想像と今回のキャスティングのチェック・・・いくらネットが発達して切符をネットで購入する時代になっても、チラシを見ながら日時とお気に入りの俳優さんともう一人のお気に入りの俳優さんの出番の日と自分の予定との照らし合わせ作業はラインマーカー片手に至福の時です。私だけでは無いことを信じて・・・ニヤニヤ・ウキウキ♪♪♪思わず劇中の歌を口ずさんでいる自分がかなり可笑しいです。それだけでは物足らずチラシのミュージカルのCDを聞きながらの作業は時間が経つのも忘れてしまう程です。何を見て一人ニヤニヤしているのかと申しますと~

「レ・ミゼラブル」「パイレート・クィーン」「シェルブールの雨傘」の三本です。

レ・ミゼは、2009年10月6日初日→11月20日千秋楽 劇場は、帝国劇場です。1987年帝劇から始まったこのミュージカルを何回見た事でしょう~ おそらく海外を含めると20回は見ていると思います。常に新鮮な感動をもらい涙することで自分自身を浄化して明日への希望をくれるミュージカルです。 ジャン・バルジャンもジャベールもくここ数年クアトロキャストです。) ジャベールは、絶対に「岡 幸次郎さん」にしてバルジャンを「山口祐一郎さん」で一回見て、もう一回は「今井清隆さん」で見ようかな~?アンジョルラスはトリプルキャストでマリウスはクアトロキャスト・・・う~ん岡アンジョルラスに続くのは誰かな?マリウスは綺麗だから「小西遼生君」で一回見て、コゼットは、聖子ちゃんのお嬢さん「神田沙也加ちゃん」で見てみようかな~なんて思いながら、あれやこれや考えてもいざ組み合わせを見るとなかなか自分の希望通りには行きません。1日では到底無理な作業です。数学の確立より難しい作業です。フ~でも楽しいです。

「The Pirate Queen パイレート・クィーン」 は、「レ・ミゼラブル」 「ミス・サイゴン」の最高コンビの脚本アラン・ブーブル氏 音楽クロード=ミッシェル・シェーンベルク の最新ミュージカルとの事です。2009年11月28日初日→12月25日千秋楽 劇場は帝国劇場です。期間は短いしクリスマスなんて入手困難なんでしょうね~ 物語は、16世紀 エリザベス1世=陸の女王=涼風 真世さん VS 海賊の女王=グレイス・オマリ=保坂 知寿さんの物語・・・ しかも・・・グレイスの恋人役の海賊を「山口祐一郎さん」が演ずるとなると・・・興味シンシンです。 初日開けて直ぐと楽日近辺の二回見たほうが良いかな~?? スペクタル・ミュージカル・アドベンチャーとあります。新作は、楽しみです。 何かサプライズが有るのかな?

もう一本は あの美しきカトリーヌ・ドヌーブ様(私が1番好きな女優さんです)の映画・・・そうです! 「シェルブールの雨傘」です。 今年も渋谷シネセゾンで見ましたよ。DVD持っていてもやはり好きな映画は映画館で!が基本です。あのミッシェル・ルグランの美しい音楽とシェルブールの港町が・・・蘇ります。ここで音楽は、♪レミゼ「カフェソング」からシェルブールの雨傘に変わっています。ドヌーブ演ずる傘屋の娘ジュヌヴィエーブは、今月宝塚を退団する雪組娘役トップスターの「白羽 ゆりさん」です。お相手の青年ギイ役は「井上 芳雄さん」 映画のギイより格好良いから楽しみです。お洒落なお母さんエムリー夫人は「香寿 たつきさん」1週間前に札幌で「ダウンタウンフォーリーズ」を拝見したばかりなのでとても親近感があります。こちらも大変せつないミュージカルですが楽しみです。 2009年12月5日初日→12月28日千秋楽です。劇場は日生劇場です。 「パイレート・クィーン」とぶつからないように調整をやり直しです。 やはりこの楽しい作業は1日では終わりませんでした。    

 

 

もうすぐ 東をどり

2009041012470000.jpg見渡せば柳桜をこきまぜて都ぞ春の錦なりける

 銀座の柳が春風になびく四月から今月のかけて銀座通りの老舗・飲食店の店先・

 木挽町界隈の料亭街の軒先に〔東をどり〕のポスターを目にする機会が増えて

 きます。 

毎年 五月末から4日間新橋の芸妓さんの日頃のお稽古の成果をお披露目する

会です。

もともと発表会場である新橋演舞場は、大正14年に〔東をどり〕を杮落しと

して開場いたしました。

今年のプログラムは次の通りです。

 

一、  上  老 松      

    下 女 車 引    

二、  お好み春 夏 秋 冬   

 

平成215月29日(金)~平成21年6月1日(月)

第一部 11時半開演  

第二部 13時40分開演  

第三部 15時50分開演

                 

華やかな粋な日本の伝統に触れる絶好のチャンスです。

今から楽しみです!いずれも開演30分前の開場ですので、劇場内での

お茶席・劇場内での御姉さん達の千社札や団扇の販売や東をどりの歴史展を

お楽しみください。

新橋の御姉さんのお点前で頂くお茶や美味しいお菓子・・・ 

フィナーレで芸妓衆全員が舞台に立ち客席に手ぬぐいを撒いて下さいます!

   「新橋芸妓はご長寿だからキャッチ出来れば、縁起が良いわよ」と教えて

   下さった御姉さんの言葉を信じ今年も新橋名妓の艶やかな舞を見に初夏の

   新橋演舞場に参ります。            

 

お問い合せ先 東京新橋組合 03-3541-7206


ピアノの発表会

本日は、姪のピアノの発表会に出かけました。演奏曲は W.ギロックの「おもちゃのダンス」

小学3年生の彼女はピアノとバレエに通っている。 私も小学生時代にピアノのお教室に行かせてもらったが、教室へ行く途中の公園で友達と遊び、先生から母に「今日もお教室に来ていませんが・・」の電話が入り2ヶ月で止めました。拠って発表会の経験無しです。1回位可愛いドレス着て参加してみたかったな~

ピアノの発表会.jpg

ブロードウェイ

昨日の朝刊にこんな記事が出てました。【長い冬がようやく明けマンハッタンでは日曜日の12日奇抜に飾り立てた帽子で5番街を歩く復活祭のパレードが開かれた。すぐお隣のブロードウェイの劇場街も春の訪れとともに活気が戻り、新しいミュージカルの開演が相次いでいる。】と・・・・昨年9月のリーマンショック以降今年2月までに16本のミュージカル作品が終演しています。本当の復活が待ち遠しいです。

スポンサードリンク

Powered by Movable Type 4.25

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち雑記いろいろカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは銀河劇場です。

次のカテゴリは青山劇場です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ