新橋演舞場の最近のブログ記事

六月大歌舞伎 猿之助襲名公演


shinokiri last.jpg新橋演舞場に六月大歌舞伎を見に行きました。久し振りにゆっくり母を連れて観劇を楽しみました。
「初代市川猿翁 三代目市川段四郎 五十回忌追善 二代目市川猿翁 四代目市川猿之助
九代目市川中車襲名披露 五代目市川團子初舞台 六月大歌舞伎」です。

襲名公演1.jpg

襲名公演2.jpg
襲名公演3.jpg
襲名公演4.jpg
shinokiri last.jpg襲名公演5.jpg
もちろん満員御礼。七月も昼夜完売。襲名披露は華やかで楽しい。
澤瀉屋さんの新たな門出を改めておめでとうございます。


初代 市川猿翁 三代目 市川段四郎 五十回忌追善
六月大歌舞伎
二代目 市川猿翁
四代目 市川猿之助 襲名披露
九代目 市川中車
五代目 市川團子 初舞台


2012年6月5日(火)~29日(金) 新橋演舞場
月曜日・・・雨がシトシトふる肌寒い一日。新橋演舞場へ 「仮名手本忠臣蔵 昼の部」を見に行ってきました。今回は、夜の部から見たので・・・本を後ろから読む感じ~。初役の多い今回の忠臣蔵は見どころわんさかで必見です。
松緑の師直と菊之助の判官がよいな~ 菊之助の判官は、色の大紋も黒の着流し姿も全てが上品で格調高く見とれてしまいます。
演舞場昼1.jpg

昼の部は
大 序 鶴ヶ岡社頭兜改めの場

三段目 足利館門前進物の場
    同 松の間刃傷の場

四段目 扇ヶ谷塩冶判官切腹の場
    同 表門城明渡しの場

浄瑠璃 道行旅路の花聟
  までです。

演舞場昼2.jpg

【大序・三段目】
             高師直  松 緑
          桃井若狭之助  獅 童
            顔世御前  松 也
            足利直義  亀 寿
            塩冶判官  菊之助

【四段目】
            塩冶判官  菊之助
          石堂右馬之丞  亀三郎
        薬師寺次郎左衛門  亀 鶴
            顔世御前  松 也
            大星力弥  右 近
           原郷右衛門  薪 車
            斧九太夫  錦 吾
          大星由良之助  染五郎

【道行】
           腰元おかる  福 助
            鷺坂伴内  猿 弥
            早野勘平  亀治郎


義.jpg
ひと足抜きという幕の引き方徐々に幕が開く間に東西声が七つ掛かり木が入る(「柝」)・・・・
この木の数が四十七人の赤穂浪士にちなんで47回入る」そうです。本当深い趣深い演出です。
舞台に遅刻はNGですが・・・遅刻したら勿無いです「忠臣蔵 大 序」。夜の部からの逆さ見でしたが「通し」で見れて幸せな四月花形歌舞伎「仮名手本忠臣蔵」でした。オススメです!
襲名前の亀治郎さんに会える最後のチャンスでもあります。

四月花形歌舞伎 通し狂言 仮名手本忠臣蔵 2012年4月1日(日)~25日(水)

昨晩は新橋演舞場へ。先週鑑賞した「忠臣蔵」でしたが席が後ろで、亀治郎さん演じる「早野勘平」の表情や所作が良く見えなかった。今回は上方の演出で頑張っている亀様の演技etcを
近くで見たかったのです。いや会いたかったのです。
忠臣蔵1.jpg
一文字屋お才を演じていた笑三郎さん休演

忠臣蔵2.jpgさすが忠臣蔵です。「切腹最中」が売っています
大人気商品です。

忠臣蔵3.jpg花道横前列の席は、臨場感たっぷり役者の汗まで見える。福助さんが通るとなんとも香しい良い香りがするし、亀様の蓑の藁が落ちてきたり・・・ちょっと埃っぽいけれど大満足です。
上方の型を東京の亀治郎さんがやる事も新鮮ですし、洗練された新しい勘平。熱演でした。
襲名公演が楽しみです。獅童君の定九郎は、黒の小紋に博多博多献上帯に朱鞘の大小のしつらえは「悪の華」出番は少ないけれど後をひくお役です。怖い!!同じ演目を二度見ると一回目では気付かなかった発見も多く日々進化している役者・舞台に感動する。
好きな演目は毎日通いたいな~。夜の部を二回見ましたが、月末に昼の部も鑑賞予定。
大詰から遡って鑑賞します。
亀治郎の最後の公演。御薦めです。でも今回も不思議だったのは、児太郎の力弥です。

四月花形歌舞伎 通し狂言 仮名手本忠臣蔵 2012年4月1日(日)~25日(水)




忠臣蔵.jpg
今月の新橋演舞場は昼夜「忠臣蔵」です。本日は、亀治郎さんの勘平が見たくて劇場へ。
いろいろな意味で新鮮な忠臣蔵でした。亀治郎さんの勘平に福 助のおかるではちょっと年増すぎるのでは?予想通り亀治郎の勘平は彼の魅力が引き出されていたのですが・・・一力茶屋でおかるの兄役の松緑と一緒の時は、 釣り合いも取れて自然に安心して見ることが出来ました。討入り染五郎さんの大星由良之助はちょっと物足りない。もっと不思議な存在は由良之助の隣に立つ児 太郎の大星力弥。声もセリフも???でこれでは敵一人たりとて討ち取れないだろうな~。若手役者の義士もの殺陣も今ひとつ・ふたつでした。残念な大詰めで した。
中日過ぎたらもう少し良くなるかな?ま~五段目六段目の亀治郎さんがお目当てだったから満足です。でも日本人は忠臣蔵大好きだからもう少し胸に迫るフィナーレが良いな~。
やっぱりこれは春、桜の季節に見るものでなく師走のお芝居なのです。

演舞場夜1.jpg五段目  山崎街道鉄砲渡しの場
       同 二つ玉の場

六段目  与市兵衛内勘平腹切の場


            早野勘平  亀治郎
            斧定九郎  獅 童
          不破数右衛門  亀三郎
           千崎弥五郎  亀 寿
          百姓与市兵衛  寿 猿
            判人源六  薪 車
          一文字屋お才  亀 鶴
            母おかや  竹三郎
           女房おかる  福 助

演舞場夜2.jpg

七段目  祇園一力茶屋の場

          大星由良之助  染五郎
          寺岡平右衛門  松 緑
           千崎弥五郎  亀 寿
           竹森喜多八  萬太郎
           矢間重太郎  巳之助
            大星力弥  児太郎
           仲居おつる  歌 江
            鷺坂伴内  猿 弥
            斧九太夫  錦 吾
           遊女おかる  福 助



十一段目 高家表門討入りの場
     同 奥庭泉水の場
     同 炭部屋本懐の場


          大星由良之助  染五郎
            大星力弥  児太郎
          小汐田又之丞  廣太郎
          木村岡右衛門  廣 松
            大鷲文吾  宗之助
           竹森喜多八  萬太郎
           小林平八郎  亀 鶴

猿之助襲名の前の亀治郎をもう一度見たいので昼の部も見よう。出来れば夜ももう一度見たい。なんだかんだ言っても「忠臣蔵」が大好きな私です。(笑)

四月花形歌舞伎 通し狂言 仮名手本忠臣蔵 2012年4月1日(日)~25日(水)



2012年 三月大歌舞伎 昼の部

今日は新橋演舞場へ昼の部参戦。今月は昼夜鑑賞することが出来て嬉しいです。
荒川の佐吉は2010年秀山祭で仁左衛門さんとお孫さんの千之助君で見たのが最後かな?
今日は染五郎さんの佐吉です。
322hiru1.jpg
3222hiru2.jpg
昼の部の出し物は
一、荒川の佐吉
  序 幕 江戸両国橋付近出茶屋岡もとの前の場より
  大 詰 長命寺前の堤の場まで

                 荒川の佐吉  染五郎
                丸総女房お新  福 助
                隅田の清五郎  高麗蔵
                 大工辰五郎  亀 鶴
                 極楽徳兵衛  宗之助
                   お八重  梅 枝
                鍾馗の仁兵衛  錦 吾
                成川郷右衛門  梅 玉
                相模屋政五郎  幸四郎


二、仮名手本忠臣蔵
  九段目 山科閑居
                   戸無瀬  藤十郎
                大星由良之助  菊五郎
                    小浪  福 助
                  大星力弥  染五郎
                    お石  時 蔵
                 加古川本蔵  幸四郎


『荒川の佐吉』は仁左衛門さんの当り役の一つ。人のよいやくざ者が親分の娘が産んだ盲目の子供を育てるという真山青果の作品です。前回2010年秀山祭では仁左衛門さんとお孫ちゃんの千之助君が卯之吉を演じたので、感情移入も自然体で、泣かせられました。
今回の染五郎さんの佐吉は、ちょっと粗いけれど頑張ってました。本日はロビーに奥様もいらしてました。春らしい白いお召し物で素敵でした。
劇中で染五郎さんの日常生活でのパパぶりを感じることが出来ます。
男義のある潔い佐吉が満開の桜におくられながら東北へ旅立って行く姿は感動!こういう男の人って現世ではもうお目にかかれないですね。劇中妄想恋愛に走る傾向あり。二幕目の「山科閑居」は豪華な俳優陣でした。忠義のために犠牲になる親子・夫婦の愛や絆を描いた名場面。
忠臣蔵大好き!後半・・・寝不足の為ちょっとコックリしてしまった。まわりを見回すとお休み中の方が多かったです。言いわけではなくちょっとリズムがなくだらけてしまう?丁寧な描写ですがかったるい感がありました。今月は昼夜三月大歌舞伎を拝見させて頂きましたが、夜の部は大向うからの声がありませんでした。今日は沢山お声がかかって芝居が引き締まり楽しかったです。

三月大歌舞伎
新橋演舞場 2012年3月2日(金)~26日(月)


2012年 三月大歌舞伎

歌舞伎初体験のじんちゃんと新橋演舞場で「三月大歌舞伎」を楽しんできました。中村座での襲名公演で、きっと演舞場は空いているのかしらと懸念しながら伺いましたが・・・なかなかの入りで関係者でも無いのですがホッとします。

20123gatukabuki1.jpg
20123gatukabuki2.jpg
夜の部の演目は
一、佐倉義民伝(さくらぎみんでん)
  序 幕 印旛沼渡し小屋の場より
  二幕目 東叡山直訴の場まで

                  木内宗吾  幸四郎
                   おさん  福 助
                  徳川家綱  染五郎
                宗吾長男彦七  金太郎
               大名久世大和守  友右衛門
               同 井上河内守  権十郎
               同 酒井若狭守  亀三郎
               同 三浦志摩守  亀 寿
               同 青山伯耆守  松 也
               同 稲葉丹後守  宗之助
               同 浅野摂津守  萬太郎
               同 伊丹肥前守  廣太郎
               同 秋元但馬守  廣 松
                 松平伊豆守  彦三郎
                渡し守甚兵衛  左團次
                  幻の長吉  梅 玉


二、唐相撲(とうずもう)
                   日本人  菊五郎
                    通辞  團 蔵
                    皇后  梅 枝
                  通辞夫人  萬次郎
                    皇帝  左團次


三、小さん金五郎(こさんきんごろう)
               金屋橋の金五郎  梅 玉
               芸妓額の小さん  時 蔵
        太鼓持六ツ八実は木津屋六三郎  松 江
               芸妓大村屋お糸  梅 枝
                千草屋娘お崎  右 近
               千草屋女房お縫  歌 江
               奈良屋権左衛門  錦 吾
                広瀬屋新十郎  團 蔵
                 女髪結お鶴  秀太郎

数年前にコクーンで勘三郎さんの「佐倉義民伝」を見て以来ですが・・・ラップ調の新しい「義民伝」よりやっぱり今回の幸四郎さんの宗吾のほうが胸に来ます。泣けます。凶作と熾烈な徴税にあえぐ佐倉の農民を救おうと、死を覚悟して将軍へ直訴に及んだ下総佐倉の名主木内宗吾の実説から生まれた感動作です!今回は御子息の染五郎さんが徳川家綱を、お孫ちゃんの金太郎君が宗吾様の長男彦七を勤めて居ます。三代で同じ舞台に立てるなんて・・・幸せですね。それをオンタイムで見れる事は本当に幸せです!

sougo1.jpg
sougo2.jpg

sougo3.jpg「三月大歌舞伎」の公演期間中、新橋演舞場劇場2階ロビーには木内宗吾を祀る宗吾霊堂(千葉県成田市)の出開帳(でかいちょう)が行われたそうです。もちろん御参りさせて頂きました。今月の演舞場はお得感たっぷりで楽しいです。「唐相撲」も「小さん金五郎」も初めて見る演目ですが楽しめました。時蔵さんの芸妓額の小さんはキップのよい愛嬌も色気もある男勝りなお姉さん!素敵です!憧れます!

三月大歌舞伎
2012年3月2日(金)~26日(月) 新橋演舞場

芸術祭十月花形歌舞伎

昨日は、新橋演舞場に「芸術祭十月花形歌舞伎」昼の部を見てきました。でも芸術祭参加作品は夜の部の「通し狂言 當世流小栗判官」です。雨で肌寒い日でしたが劇場は熱気でムンムン。この空気感が好き。気分が高揚します。

太助1.jpg
太助2.jpg
昼の部の出し物は
 源平布引滝
一、義賢最期(よしかたさいご)
           木曽先生義賢  愛之助
           九郎助娘小万  笑三郎
              待宵姫  新 悟
             進野次郎  薪 車
            百姓九郎助  錦 吾
              葵御前  春 猿
     下部折平実は多田蔵人行綱  獅 童



  銘作左小刀
二、京人形(きょうにんぎょう)
             左甚五郎  右 近
            女房おとく  笑三郎
        娘おみつ実は井筒姫  春 猿
              奴照平  猿 弥
            京人形の精  笑 也



三、江戸ッ子繁昌記(えどっこはんじょうき)
  御存知 一心太助

        一心太助/徳川家光  獅 童
             女房お仲  亀治郎
            鳥居甲斐守  愛之助
             用人喜内  右 近
          大久保彦左衛門  猿 弥
             侍女豊乃  吉 弥
               鮨勝  薪 車
          信濃屋五郎兵衛  錦 吾
            柳生十兵衛  門之助
              御台所  高麗蔵
             酒井忠勝  友右衛門
            松平伊豆守  我 當

男らしく勇ましい愛之助の義賢も新鮮でした。階段から落ちたり、激しい殺陣に仏倒しなど迫力満点で頑張っていました。笑也さんの京人形の精も綺麗。右近さんとの舞踊も息もピッタリで安心して見れます。獅童君の義理人情に厚く、粋な江戸ッ子、魚屋の一心太助は当たり役。楽しかったです。

太助3.jpgやっぱり夜の部も見たい。猿之助さんに何度も見せて頂いた「スーパー歌舞伎」。
いろいろ思い出しながら一人で行ってみようかな~ 懐かしい時間を過ごせそうな気がする。

芸術祭花形歌舞伎 新橋演舞場
平成23年10月2日~10月26日






親子で襲名披露 秀山祭九月大歌舞伎

昨日は新橋演舞場で夜の部を鑑賞してきました。台風一過爽やかな秋晴れです。

2011秀山祭1.jpg

2011秀山祭2.jpg
中村歌 昇改め 三代目 中村又五郎襲名披露 お父様
中村種太郎改め 四代目 中村歌昇襲名披露 御子息様

2011秀山祭3.jpg

夜の部の演目は、
一、沓手鳥孤城落月(ほととぎすこじょうのらくげつ) 二の丸乱戦の場
  城内山里糒庫の場
                  淀君       芝 翫 休演で本日福助
                豊臣秀頼  歌 昇改め又五郎
                  千姫       芝 雀
              大住与左衛門       錦之助
                石川銀八       児太郎
                大蔵の局       吉 弥
                 正栄尼       東 蔵
              大野修理之亮       梅 玉
                氏家内膳       吉右衛門

二、口 上  
      三代目 中村又五郎襲名披露 四代目 中村歌昇襲名披露
                      歌 昇改め又五郎
                      種太郎改め歌 昇
                           幹部俳優出演


  菅原伝授手習鑑
三、車引(くるまびき)
                 梅王丸  歌 昇改め又五郎
                 松王丸       吉右衛門
                 杉王丸  種太郎改め歌 昇
                藤原時平       歌 六
                  桜丸       藤十郎


  増補双級巴
四、石川五右衛門(いしかわごえもん)
    市川染五郎宙乗りにてつづら抜け相勤め申し候

秀山祭休演.jpg
残念ながら芝翫さん急病で休演です。代役は御長男福助さんでした


 沓手鳥孤城落月では、芝翫さんのお孫さん児太郎君が裸での戦闘シーンに階段落ち頑張っていました。痛いだろうな~石川銀八当たり役です。狂乱の淀君を演じる福助さんは怖いくらいの迫力でした。
口上も緊張気味の吉右衛門さんの温かいご挨拶から始まり・・・礼に始まり礼に終わる素敵な襲名披露口上です。人間国宝80才の籐十郎さんの「私も二度襲名いたしましたが襲名した後が大変なんです」は真実味が有って良かったです。余震があるのでフライングを控えたり演出を変える芝居がある中で染五郎さん石川五右衛門の宙乗りでつづら抜けは、素晴らしかったです。役者も舞台セットも豪華です。視覚も聴覚も大満足の秀山祭九月大歌舞伎でした。

秀山祭九月大歌舞伎
中村歌 昇改め 三代目 中村又五郎襲名披露
中村種太郎改め 四代目 中村歌昇襲名披露
2011年9月1日~9月25日 新橋演舞場




第87回東をどり

87東をどり1.jpg今日は東をどり千秋楽です。四日間の開催期間中天候に恵まれず気の毒でした。私は3:50開演の第三部に伺ったので雨も上がり傘を持つことなく出かける事が出来ました。
普段の劇場の80%以上は女性客ですが本日は逆転。最終日・最終回とあって永田町の先生や政治評論家・アナウンサー・コメンテーターと特殊なお仕事をされてる殿方はじめ銀座ロータリーのお歴々もいらしてました。
87東をどり2.jpg
江戸千家、小川宗洋先生のご指導のもと、芸者衆はお茶のお稽古をしています。東をどり期間には幕間にそのご披露をいたします。抹茶は伊藤園のおつめ、主菓子は榮太樓製です。
87東をどり3.jpg              本日のお点前は千代加さん・お半途さんはきみ鶴さん

87東をどり4.jpg二階では恒例のドンペリコーナー前で東北復興支援で被災地の銘酒やお米の販売もしてました。
今年の演目は
<序幕> 上 清元 六玉川
      下 長唄 雨の四季
<二幕> お好み 初夏の詩

二幕の幕尻は毎年変らぬフィナーレです。暗転の闇に響くしょう盤の音から頃合いを計って灯が入ると背景は一転、料亭の大座敷の場。黒紋付、揃いの衣装の芸者衆が並びます。口上から客席を巻き込んでの手締め・・・今年はいきなり金田中の若旦那岡副真吾氏・若女将他金田中の皆様も舞台に上がりご挨拶をなさり芸者衆と一緒に手拭いを投げてくれた。今年も手拭いをキャッチ出来た母は大喜びです。新橋のお姉さん達のPOWERを頂き上機嫌で帰宅。
未曾有の大震災後の「東をどり」開催の是非も有りましたが、開催して正解。何しなきゃ始まらないし、下を向いてても良くならない。「東をどり」を通じ寄せた頂いた愛情・義援金・協賛全てが早く被災者の方に届きますように!新橋組合の皆様御苦労様でした。新頭取頑張ってください!
個人的には「杏子姉さん・まり恵姉さん」の舞いが見れれば大満足の「東をどり」です。
本当にこのご両人は踊りの名手。素晴らしい。いつまでもお元気でご活躍ください。

87東をどり6.jpg
87東をどり5.jpg第87回東をどり
2011年5月27日~5月30日 新橋演舞場


秀山祭九月大歌舞伎 夜の部

昨日は、久しぶりに仁左衛門さんに会いに新橋演舞場「秀山祭九月大歌舞伎・夜の部」に出かけました。歌舞伎座閉場式以来かな?仁左衛門さんのお姿を舞台で拝見するのは・・・嬉しい!
20100913演舞場1.jpg
お席が空いているのが気になりますが演目・役者共に豪華な「秀山祭」です。
「秀山祭ってなに?」って思いますよね。「秀山祭」とは、平成18年に9月に初代中村吉右衛門の生誕120周年を記念してその俳名である「秀山」を冠にした興行です。
今晩の演目は
一、猩々(しょうじょう)
              猩々  梅 玉
              猩々  松 緑
             酒売り  芝 雀

二、平家女護島
  俊寛(しゅんかん)
            俊寛僧都  吉右衛門          
          瀬尾太郎兼康  段四郎
            海女千鳥  福 助
          丹波少将成経  染五郎
           平判官康頼  歌 昇
         丹左衛門尉基康  仁左衛門

三、鐘ヶ岬(かねがみさき)
               清姫  芝 翫

  うかれ坊主(うかれぼうず)
            願人坊主  富十郎

四、双蝶々曲輪日記
  引窓(ひきまど)
    南与兵衛後に南方十次兵衛  染五郎
            女房お早  孝太郎
            平岡丹平  松 江
            三原伝造  種太郎
           濡髪長五郎  松 緑
              お幸  東 蔵

20100913演舞場2.jpg


20100913演舞場3.jpg
三幕目は、人間国宝お二人の舞踊です。お年を感じさせない妖艶な清姫の芝翫さん。おどけた滑稽なうかれ坊主の富十郎さん。豪華な3幕目!「俊寛」も良かったです。最後に見た俊寛は勘三郎さんの俊寛でした。甲乙はつけがたいですが、吉右衛門さんの俊寛の方がせつなさが伝わる。哀愁感たっぷりです。大きな吉右衛門さんの背中が、絶海の孤島にひとり残る孤独感を台詞なしで演じています。この幕にしか出ない仁左衛門さんは冷静で情のある丹左衛門役です。お人柄と言いまさに適役です。段四郎さんの瀬尾太郎兼康は、いぶし銀の芸です。本当にお上手!凄い役者さんです。
豪華な俊寛で大満足でした。来週は昼の部の仁左衛門さん「荒川の佐吉」を見に行きます。

秀山祭九月大歌舞伎
新橋演舞場 平成22年9月2日初日~9月26日千秋楽

スポンサードリンク

Powered by Movable Type 4.25

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち新橋演舞場カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは帝国劇場です。

次のカテゴリは日生劇場です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ