銀河劇場の最近のブログ記事

DANCE ACT「ニジンスキー」

今晩は爆弾低気圧の悪天候でしたが、銀河劇場へDANCE ACT「ニジンスキー」を見に行ってきました。幕が開けば役者は演じ、観客は万難を排して出かけるものです。8割強、席も埋まってました。

n2.jpg今晩はトークショーの予定も有ったので全て予定通りに行くのか心配をしていましたが岡幸二郎さんのブログが更新され「本日、終演後にトークショーが開催されます。東山氏、佐野氏、和田氏、私の四名です。司会はもれなく私です(笑) 」を拝見してホッとしました。主催者でもないのに客入りが心配でしたが8割方埋まっていました。午前中に「帰宅命令」がでた女性は早めに劇場にきていたのね~。頑張って運転していた東京モノレールも素晴らしい!
ちょっと難易度の高い作品でしたが東山くんのダンス凄いな~。バレエをしたことのない彼だから表現できる新鮮な舞台。東山ニジンスキー"最期"の踊りのシーンは息を飲む。現世と隔離された世界観。神だ~。
ニジンスキーを世に送り出すきっかけを作った芸術プロデューサー、ディアギレフを演じた、
岡君素敵!何がって燕尾服とセーブルの毛皮がお似合いで・・・。バレエリュスを立ち上げ、その公演に際し、ストラヴィンスキーやラヴェルなどに多くのバレエ音楽を作らせ、多くの芸術家を世に送り出し、オペラ・バレエ他の芸術に大きく貢献した人です。ある意味ニジンスキーより凄い?
スケール感で行ったらこのディアギレフ氏でお芝居作れそうな位凄い人。
「ニジンスキーとデイアギレフ」みたいな二人主役の芝居も有りかも?
ディアギレフは一生にわたって同性愛者であり続け、色々な意味で愛を与え一流の芸術に触れさせて教育するという習慣を持っていた。その相手として最も有名なのはニジンスキー。やっぱりディアギレフを描きながらパトロン制度やスポンサー制度に注目する作品もこの文化意識の低い日本には必要だと思う。先進国の中でこんなにも文化予算が少ない国って残念。

n3.jpgDANCE ACT 「ニジンスキー
2012年4月1日~4月8日 銀河劇場

☆アフタートークショー
3日(火)19:00公演『COOL NIGHT』
         出演予定:東山義久・岡幸二郎・佐野大樹・和田泰右
5日(木)19:00公演『BEAUTIFUL NIGHT』
         出演予定:東山義久・安寿ミラ・遠野あすか・舞城のどか


スポンサードリンク

Powered by Movable Type 4.25

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち銀河劇場カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは赤坂ACTシアターです。

次のカテゴリは雑記いろいろです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のブログ記事

ウェブページ