日生劇場二月大歌舞伎

日生歌舞伎1.jpg今日は日生劇場二月大歌舞伎に行ってきました。昨年国立劇場で大けがをなさった染五郎さんの五カ月ぶりの復帰舞台です。悲惨な出来事が続いている梨園に久しぶりの明るい話題です。ちょっとお痩せになった染五郎さんは相変わらずの麗しさ。今年不惑の齢とは思えぬ美しい染五郎さんです!日生劇場で歌舞伎を見るのって本当に久し振りな事です。劇場内には花道も作られて、はふうも・・・そして歌舞伎の定式幕も・・・。外国で歌舞伎を見ている感じで楽しかったです。

日生歌舞伎4.jpg
出し物は昼夜同じです。(今日知りました)

口上(こうじょう)
                      松本幸四郎



一、義経千本桜 吉野山(よしのやま)
          佐藤忠信実は源九郎狐  市川染五郎
                逸見藤太  中村亀 鶴
                 静御前  中村福 助



  河竹黙阿弥歿後百二十年
  河竹黙阿弥作
二、通し狂言新皿屋舗月雨暈(しんさらやしきつきのあまがさ)
  弁天堂
  お蔦部屋
  お蔦殺し
  魚屋宗五郎

      〈弁天堂・お蔦部屋・お蔦殺し〉
                愛妾お蔦  中村福 助
              磯部主計之助  市川染五郎
               召使おなぎ  市川高麗蔵
                小姓梅次  中村児太郎
                岩上典蔵  大谷桂 三
               浦戸紋三郎  大谷友右衛門
              浦戸十左衛門  市川左團次



      〈魚屋宗五郎〉
               魚屋宗五郎  松本幸四郎
            宗五郎女房おはま  中村福 助
               召使おなぎ  市川高麗蔵
                小奴三吉  中村亀 鶴
                 鳶芳松  大谷廣太郎
              酒屋丁稚与吉  松本金太郎(夜の部)
               父親太兵衛  松本錦 吾
                岩上典蔵  大谷桂 三
              磯部主計之助  市川染五郎
              浦戸十左衛門  市川左團次

日生歌舞伎3.jpg
日生歌舞伎2.jpg
幸四郎さん、染五郎さん、金太郎ちゃん!親子三代で舞台に立てるって幸せな事ですね。素晴らしい!勘三郎さんにも団十郎さんにも味あわせて上げたかったな~。
でも染五郎さんお元気になられて本当に良かったです。魚屋宗五郎を一幕で見る事は多いけれど今日の様に通しで 弁天堂・お蔦部屋・お蔦殺しと見れたのは嬉しい。流れも判り易いし非常に大満足です。いつの時代もお酒失敗する男性は多いようですね。見応えたっぷりの河竹黙阿弥作通し狂言「新皿屋舗月雨暈」でした。

日生劇場
二月大歌舞伎
平成25年2月4日(月)~26日(火)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、megraceが2013年2月11日 22:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「二月喜劇名作公演」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ