2012年4月アーカイブ

Endless SHOCK 2012

29日の土曜日は、前楽の「Endless SHOCK」を見せて頂きました。

s1.jpg
s2.jpg
即日完売 満員御礼

s3.jpg
ジャニー喜多川氏は「最も多くのコンサートをプロデュースした人物」と「最も多くのナンバーワンシングルをプロデュースした人物」として昨年2部門でギネスに認定されました。凄いですね。
ショックも以前見せて頂いた時より凄い進化をしてました。光一くんのストイックさも素晴らしい!

s4.jpg
帝劇で2~4月と自己最長となる4カ月連続の139公演を敢行。終演後、「今日も休憩中に地震がありましたが・・・去年もこの公演が中止になり・・・(中略)この回数を、シングルキャストで1人も欠くことなく上演できたことを誇りに思います」と胸をはってご挨拶してくれた光一くん。
素敵でした。志が高い舞台人です。感激しました。豪華で華やかなステージ、殺気際立つ「殺陣」のシーンは素晴らしい。フライングの光一くんがいきなり頭上にと心臓ドキドキ心ウキウキの楽しいステージ。来年2~3月の帝劇公演も決まり、節目の1000回公演も間近となった「Endless SHOCK」 叉観たいです。ラスベガスで公演が決まったら行きたいな~ 絶対に!
頑張れジャニーさん!みんなを元気にしてくれる舞台の力は想像以上です。

Endless SHOCK 2012年2月7日~4月30日 帝国劇場



月曜日・・・雨がシトシトふる肌寒い一日。新橋演舞場へ 「仮名手本忠臣蔵 昼の部」を見に行ってきました。今回は、夜の部から見たので・・・本を後ろから読む感じ~。初役の多い今回の忠臣蔵は見どころわんさかで必見です。
松緑の師直と菊之助の判官がよいな~ 菊之助の判官は、色の大紋も黒の着流し姿も全てが上品で格調高く見とれてしまいます。
演舞場昼1.jpg

昼の部は
大 序 鶴ヶ岡社頭兜改めの場

三段目 足利館門前進物の場
    同 松の間刃傷の場

四段目 扇ヶ谷塩冶判官切腹の場
    同 表門城明渡しの場

浄瑠璃 道行旅路の花聟
  までです。

演舞場昼2.jpg

【大序・三段目】
             高師直  松 緑
          桃井若狭之助  獅 童
            顔世御前  松 也
            足利直義  亀 寿
            塩冶判官  菊之助

【四段目】
            塩冶判官  菊之助
          石堂右馬之丞  亀三郎
        薬師寺次郎左衛門  亀 鶴
            顔世御前  松 也
            大星力弥  右 近
           原郷右衛門  薪 車
            斧九太夫  錦 吾
          大星由良之助  染五郎

【道行】
           腰元おかる  福 助
            鷺坂伴内  猿 弥
            早野勘平  亀治郎


義.jpg
ひと足抜きという幕の引き方徐々に幕が開く間に東西声が七つ掛かり木が入る(「柝」)・・・・
この木の数が四十七人の赤穂浪士にちなんで47回入る」そうです。本当深い趣深い演出です。
舞台に遅刻はNGですが・・・遅刻したら勿無いです「忠臣蔵 大 序」。夜の部からの逆さ見でしたが「通し」で見れて幸せな四月花形歌舞伎「仮名手本忠臣蔵」でした。オススメです!
襲名前の亀治郎さんに会える最後のチャンスでもあります。

四月花形歌舞伎 通し狂言 仮名手本忠臣蔵 2012年4月1日(日)~25日(水)

昨晩は新橋演舞場へ。先週鑑賞した「忠臣蔵」でしたが席が後ろで、亀治郎さん演じる「早野勘平」の表情や所作が良く見えなかった。今回は上方の演出で頑張っている亀様の演技etcを
近くで見たかったのです。いや会いたかったのです。
忠臣蔵1.jpg
一文字屋お才を演じていた笑三郎さん休演

忠臣蔵2.jpgさすが忠臣蔵です。「切腹最中」が売っています
大人気商品です。

忠臣蔵3.jpg花道横前列の席は、臨場感たっぷり役者の汗まで見える。福助さんが通るとなんとも香しい良い香りがするし、亀様の蓑の藁が落ちてきたり・・・ちょっと埃っぽいけれど大満足です。
上方の型を東京の亀治郎さんがやる事も新鮮ですし、洗練された新しい勘平。熱演でした。
襲名公演が楽しみです。獅童君の定九郎は、黒の小紋に博多博多献上帯に朱鞘の大小のしつらえは「悪の華」出番は少ないけれど後をひくお役です。怖い!!同じ演目を二度見ると一回目では気付かなかった発見も多く日々進化している役者・舞台に感動する。
好きな演目は毎日通いたいな~。夜の部を二回見ましたが、月末に昼の部も鑑賞予定。
大詰から遡って鑑賞します。
亀治郎の最後の公演。御薦めです。でも今回も不思議だったのは、児太郎の力弥です。

四月花形歌舞伎 通し狂言 仮名手本忠臣蔵 2012年4月1日(日)~25日(水)




忠臣蔵.jpg
今月の新橋演舞場は昼夜「忠臣蔵」です。本日は、亀治郎さんの勘平が見たくて劇場へ。
いろいろな意味で新鮮な忠臣蔵でした。亀治郎さんの勘平に福 助のおかるではちょっと年増すぎるのでは?予想通り亀治郎の勘平は彼の魅力が引き出されていたのですが・・・一力茶屋でおかるの兄役の松緑と一緒の時は、 釣り合いも取れて自然に安心して見ることが出来ました。討入り染五郎さんの大星由良之助はちょっと物足りない。もっと不思議な存在は由良之助の隣に立つ児 太郎の大星力弥。声もセリフも???でこれでは敵一人たりとて討ち取れないだろうな~。若手役者の義士もの殺陣も今ひとつ・ふたつでした。残念な大詰めで した。
中日過ぎたらもう少し良くなるかな?ま~五段目六段目の亀治郎さんがお目当てだったから満足です。でも日本人は忠臣蔵大好きだからもう少し胸に迫るフィナーレが良いな~。
やっぱりこれは春、桜の季節に見るものでなく師走のお芝居なのです。

演舞場夜1.jpg五段目  山崎街道鉄砲渡しの場
       同 二つ玉の場

六段目  与市兵衛内勘平腹切の場


            早野勘平  亀治郎
            斧定九郎  獅 童
          不破数右衛門  亀三郎
           千崎弥五郎  亀 寿
          百姓与市兵衛  寿 猿
            判人源六  薪 車
          一文字屋お才  亀 鶴
            母おかや  竹三郎
           女房おかる  福 助

演舞場夜2.jpg

七段目  祇園一力茶屋の場

          大星由良之助  染五郎
          寺岡平右衛門  松 緑
           千崎弥五郎  亀 寿
           竹森喜多八  萬太郎
           矢間重太郎  巳之助
            大星力弥  児太郎
           仲居おつる  歌 江
            鷺坂伴内  猿 弥
            斧九太夫  錦 吾
           遊女おかる  福 助



十一段目 高家表門討入りの場
     同 奥庭泉水の場
     同 炭部屋本懐の場


          大星由良之助  染五郎
            大星力弥  児太郎
          小汐田又之丞  廣太郎
          木村岡右衛門  廣 松
            大鷲文吾  宗之助
           竹森喜多八  萬太郎
           小林平八郎  亀 鶴

猿之助襲名の前の亀治郎をもう一度見たいので昼の部も見よう。出来れば夜ももう一度見たい。なんだかんだ言っても「忠臣蔵」が大好きな私です。(笑)

四月花形歌舞伎 通し狂言 仮名手本忠臣蔵 2012年4月1日(日)~25日(水)



通し狂言 小笠原騒動

昨晩は、お花見がてら平成中村座へ行ってきました。出し物は「通し狂言小笠原騒動」です。

中村座1.jpg
中村座2.jpg平日の15時半開演 お席もほぼ満席でした。春休みでお子様の姿もチラホラと・・・

通し狂言 小笠原騒動(おがさわらそうどう)
  序 幕 明神ヶ嶽芒原の場より
  大 詰 小笠原城内奥庭の場まで

            岡田良助/林帯刀  中村 橋之助
          犬神兵部/飛脚小平次  中村 勘九郎
        お大の方/小平次女房お早  中村 七之助
               隼人妹小萩  坂東 新 悟
                 林数馬  中村 国 生
               良助母お浦  中村 歌女之丞
               米屋市兵衛  笹野 高 史
                大石百介  片岡 亀 蔵
              小笠原豊前守  坂東 彌十郎
   小笠原隼人/奴菊平/良助女房おかの  中村 扇 雀
              小笠原遠江守  中村 勘三郎

中村座3.jpg通し狂言は見ごたえたっぷり。「御家騒動」はおもしろい。善人悪人の人物像がハッキリしていて
勧善懲悪の時代劇を見ている感じ。橋之助さんの岡田良助役は当たり役。扇雀さんの小笠原隼人と狐の化身奴菊平の二役の早変りも良かった。個人的には女形の扇雀さんよりずっと凛々しくて素敵です。三幕目の岡田良助家族の場面では竹本が入り時代物になりますが・・・良助の娘・お雪を演じた子役のお嬢さんが上手で可愛い。台詞回しも素晴らしい。あれでは借金取りのおじさん達(米屋・炭屋・酒屋)が借金を帳消しにしてくれて、尚且つ着物まで置いていってしまうのも納得ですね。米屋市兵衛の笹野さん、出番は少ないものの印象的でした。
大詰めは勘三郎さんも沢山登場されて豪華です。とにかくテンポ良く展開する解りやすい歌舞伎です。芝居小屋の中も外も大賑わいの春の宵。七之助と橋之助の「悪の華」楽しめます。
綺麗な悪人好き?散り際が潔いのも魅力な悪人の素養。魅力的な二人です。

浅草花見6.jpg観劇後は貸切バスに乗らずに夜桜見物がオススメです。ライトアップされたスカイツリーも隅田川に浮かぶ屋形船もお芝居の続きを見ているようです。桜花爛漫!この時期の平成中村座は楽しさ倍増です!

平成中村座 四月大歌舞伎
平成24年4月2日(月)~26日(木)


DANCE ACT「ニジンスキー」

今晩は爆弾低気圧の悪天候でしたが、銀河劇場へDANCE ACT「ニジンスキー」を見に行ってきました。幕が開けば役者は演じ、観客は万難を排して出かけるものです。8割強、席も埋まってました。

n2.jpg今晩はトークショーの予定も有ったので全て予定通りに行くのか心配をしていましたが岡幸二郎さんのブログが更新され「本日、終演後にトークショーが開催されます。東山氏、佐野氏、和田氏、私の四名です。司会はもれなく私です(笑) 」を拝見してホッとしました。主催者でもないのに客入りが心配でしたが8割方埋まっていました。午前中に「帰宅命令」がでた女性は早めに劇場にきていたのね~。頑張って運転していた東京モノレールも素晴らしい!
ちょっと難易度の高い作品でしたが東山くんのダンス凄いな~。バレエをしたことのない彼だから表現できる新鮮な舞台。東山ニジンスキー"最期"の踊りのシーンは息を飲む。現世と隔離された世界観。神だ~。
ニジンスキーを世に送り出すきっかけを作った芸術プロデューサー、ディアギレフを演じた、
岡君素敵!何がって燕尾服とセーブルの毛皮がお似合いで・・・。バレエリュスを立ち上げ、その公演に際し、ストラヴィンスキーやラヴェルなどに多くのバレエ音楽を作らせ、多くの芸術家を世に送り出し、オペラ・バレエ他の芸術に大きく貢献した人です。ある意味ニジンスキーより凄い?
スケール感で行ったらこのディアギレフ氏でお芝居作れそうな位凄い人。
「ニジンスキーとデイアギレフ」みたいな二人主役の芝居も有りかも?
ディアギレフは一生にわたって同性愛者であり続け、色々な意味で愛を与え一流の芸術に触れさせて教育するという習慣を持っていた。その相手として最も有名なのはニジンスキー。やっぱりディアギレフを描きながらパトロン制度やスポンサー制度に注目する作品もこの文化意識の低い日本には必要だと思う。先進国の中でこんなにも文化予算が少ない国って残念。

n3.jpgDANCE ACT 「ニジンスキー
2012年4月1日~4月8日 銀河劇場

☆アフタートークショー
3日(火)19:00公演『COOL NIGHT』
         出演予定:東山義久・岡幸二郎・佐野大樹・和田泰右
5日(木)19:00公演『BEAUTIFUL NIGHT』
         出演予定:東山義久・安寿ミラ・遠野あすか・舞城のどか


スポンサードリンク

Powered by Movable Type 4.25

このアーカイブについて

このページには、2012年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年3月です。

次のアーカイブは2012年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ