2010年9月アーカイブ

MOUSE PEACE uniting with FiVe TATSUYA UEDA LIVE 2010

昨日は、竜ちゃんのソロコンサートを見に代々木体育館へ。ここに来たのって遥か昔。
そう浜田省吾氏のコンサートで来た以来です。競技場の廻りは女子だらけ。ソロでも凄いのね。
改めて実感。用意して下さったお席が北Kブロック6列目でステージの真横でした。
至近距離で竜ちゃん見れてHAPPYです。映像も巧みに使い「火と水」をふんだんに使った豪華なステージ。近すぎて火が上がるたびに非常に暑かったです。ピアノで2曲披露する前に竜ちゃんは足がつり辛そうでした。台湾での骨折は完治はしていない様子。その後は裸足で歌っていました。裸足でも下品にならない王子様竜ちゃん素敵!
そうそう田口君や松岡修造さん他が見に来ていましたね。とにかく礼儀正しい美しい竜ちゃんは可愛い~。大好きな「マリーアントワネット」も聞けて嬉しかったです。アンコールでジャンプを繰り返しファンへ「足は治ったよ」をアピールしていたけれどステージ裏では痛そうでした。
明日も竜ちゃん頑張って!又行きたい「MOUSE PEASE」のコンサート。

20100925tatsuya1.jpg

20100925tatsuya2.jpg
今晩の曲は・・・
・FiVe演奏(4曲)
・LOST
・RABBIT OR WOLF?
・腹ペコマン
・Love in snow
・フレンズ
・Deep Red Drop
・Teen's
~MC(メンバー紹介)~
~キーボード演奏~
 ・ロミオとジュリエットより
 ・花の舞う街
・育ち島
・Marie Antoinette
・遥か未来へ
・ニ~トまん
・愛の華
・花の舞う街
~アンコール~
・ヤンキー片思い中

20100925tatsuya3.jpg
GOODS売り場は、コンサート終演後も大混雑です。長蛇の列を横目にGOODSは断念しました。

MOUSE PEACE uniting with Five
TATSUYA UEDA LIVE 2010
2010年9月25日26日 国立代々木競技場 第一体育館



秀山祭九月大歌舞伎 夜の部

昨日は、久しぶりに仁左衛門さんに会いに新橋演舞場「秀山祭九月大歌舞伎・夜の部」に出かけました。歌舞伎座閉場式以来かな?仁左衛門さんのお姿を舞台で拝見するのは・・・嬉しい!
20100913演舞場1.jpg
お席が空いているのが気になりますが演目・役者共に豪華な「秀山祭」です。
「秀山祭ってなに?」って思いますよね。「秀山祭」とは、平成18年に9月に初代中村吉右衛門の生誕120周年を記念してその俳名である「秀山」を冠にした興行です。
今晩の演目は
一、猩々(しょうじょう)
              猩々  梅 玉
              猩々  松 緑
             酒売り  芝 雀

二、平家女護島
  俊寛(しゅんかん)
            俊寛僧都  吉右衛門          
          瀬尾太郎兼康  段四郎
            海女千鳥  福 助
          丹波少将成経  染五郎
           平判官康頼  歌 昇
         丹左衛門尉基康  仁左衛門

三、鐘ヶ岬(かねがみさき)
               清姫  芝 翫

  うかれ坊主(うかれぼうず)
            願人坊主  富十郎

四、双蝶々曲輪日記
  引窓(ひきまど)
    南与兵衛後に南方十次兵衛  染五郎
            女房お早  孝太郎
            平岡丹平  松 江
            三原伝造  種太郎
           濡髪長五郎  松 緑
              お幸  東 蔵

20100913演舞場2.jpg


20100913演舞場3.jpg
三幕目は、人間国宝お二人の舞踊です。お年を感じさせない妖艶な清姫の芝翫さん。おどけた滑稽なうかれ坊主の富十郎さん。豪華な3幕目!「俊寛」も良かったです。最後に見た俊寛は勘三郎さんの俊寛でした。甲乙はつけがたいですが、吉右衛門さんの俊寛の方がせつなさが伝わる。哀愁感たっぷりです。大きな吉右衛門さんの背中が、絶海の孤島にひとり残る孤独感を台詞なしで演じています。この幕にしか出ない仁左衛門さんは冷静で情のある丹左衛門役です。お人柄と言いまさに適役です。段四郎さんの瀬尾太郎兼康は、いぶし銀の芸です。本当にお上手!凄い役者さんです。
豪華な俊寛で大満足でした。来週は昼の部の仁左衛門さん「荒川の佐吉」を見に行きます。

秀山祭九月大歌舞伎
新橋演舞場 平成22年9月2日初日~9月26日千秋楽

朝海エリザベート鑑賞から1週間が過ぎ本日は瀬奈エリザベートを鑑賞しました。たった1週間の経過ですが、芝居や役者の進化・成長は素晴らしい。
20100912エリザ1.jpg
山口トート閣下と禅ちゃんフランツヨーゼフはの歌唱力は益々UPされています、余裕の有るお二人の自分自身への挑戦を続ける迫力ある舞台でした。
瀬奈エリザべートは、歌唱力では朝海エリザベートより遥かに上手です。しかし何せ肩幅の広い、ごっついエリザベートなのです。彼女はやはり「男役」が良いな~。瀬名エリザベートの貫録とあの低いお声は10年後間違いなく「ゾフィ」も演じる事が出来るでしょう。それくらい強いエリザベートでした。ビジュアル的には華奢で首が長く鎖骨が綺麗な朝海エリザべートです。一長一短です。そうなると初演の「一路真輝」のエリザベートは完璧でした。歌も見た目も完璧でした。一人で、ロングランをこなしたタフさ。宝塚サヨナラ公演では「男役の限界も越えていく」と評された歌唱力でオーストリア皇妃エリザベートと禁じられた恋に落ちる難役・トートを演じた一路さん。今回の二人の新しい王妃エリザベートを見て、改めて一路さんの凄さを知りました。
東宝版のエリザべートは「一路真輝」が現時点ではMYBESTです。
20100912エリザ2.jpg
今日の収穫はルドヴィカ!!「春風ひとみさん」に変わり大変優雅で綺麗なひょうひょうとしたエリザベートのお母様です。この方のルドヴィカが最高です。でも春ちゃんが退団した頃に東宝の「エリザベート」が公演されていたら彼女のエリザベートも見てみたい。舞台に全キャストが上がった時に一番綺麗な動きをする彼女。関節も非常に柔らかくしなやかです。おじぎも一番エレガントで美しい。
ルドルフも伊礼君に変わっています。ちょっと痩せたかな?美しい皇太子です。彼は今後が楽しみな役者さん。磨かれて光りますよ~。見れば見るほど新しい発見が有って楽しい「エリザベート鑑賞」です。
20100912エリザ3.jpg
エリザベート
帝国劇場 2010年8月9日初日~2010年10月30日千秋楽
待ちに待ったエリザベート鑑賞日。今日は朝海エリザーベートです。2000年に帝劇で「エリザベート」を鑑賞して以来すっかり虜になってしまいました。歴史物・王妃物が大好き・・・その上楽曲の素晴らしさ・衣装・演出・舞台設定全てに魅了されました。それから再演の度の東宝版・宝塚版・WIEN版と劇場に足を運び、現在に至っておりますが「エリザべート熱」は冷める事無くヒートアップ。私の中で大好きなミュージカルBEST3にランクインされました。時間とお金にゆとりがあれば公演中は毎日劇場に通いたい。
20100905エリザ1.jpg今年はトート閣下もルドルフもトリプルキャストです。とにかく自分の見たいキャストで日にちを選ぶのですが、キャスティング表と自分の手帳を見ながらパズルを解く様な難かしさ・・・。絶対不動の「山口トート閣下」を軸に選ぶのですが・・・。
20100905エリザ2.jpg何故今日5日かと言うと今日はルドルフ役の田代万里生君のラストデー。
絶対特別なステージになると確信しました。想像を絶する素晴らしさでした。
踊りは今一つですが、お育ちの良さがにじみ出る田代ルドルフです。王子様です。
山口トート閣下との「闇が広がる」をこれまで聞いたどれよりも良かった。珠玉の一曲でした。これは本場WIENを超えてますね。今日は1回公演と言う事も有り他のキャストも全力疾走です。祐一郎さんの大きな愛を感じた「闇が広がる」この日1番拍手が多かった1曲です。トートダンサーズの8人も素敵です。ダンスのレベルも高く妖しくエレガントです。ゾクゾクします。本当に進化しているエリザベートです。残念なのは、阿知波ルドヴィカ。彼女もこの日がラストでした。上手な女優さんですがミスキャスト。大きな身体にグリーンのドレスはどらえもんみたいだし、何せ所作が酷い。
大股でバサバサと歩く貴族は居ないですよね~。扇やハンカチの使い方も下品なのです。エリザベートの母上は無理です。レミゼのテナルディエの奥さんだったら絶品だろうな~と思い見てました。回りが宝塚出身の方が多いので、長年の修練で身に付いたついたエレガントなムービングが自然に出来る方が多いので、尚更、阿知波ルドヴィカのガサツさが目立つのです。残念です。
20100905エリザ3.jpgさー来週は瀬奈エリザべートを鑑賞します。あさこちゃんは宝塚で「ルキーニ」「エリザベート」「トート閣下」をこなしているんので楽しみです。個人的には「ルキーニ」が1番好きでした。
しばらく黄泉の世界を楽しみます。
エーヤン!エリザベート!
エリザベート
帝国劇場 2010年8月9日初日~2010年10月30日千秋楽


スポンサードリンク

Powered by Movable Type 4.25

このアーカイブについて

このページには、2010年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年8月です。

次のアーカイブは2010年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ