2010年3月アーカイブ

御名残四月大歌舞伎切符は入手困難?

予約済の四月の切符を引き取りに行きました。前売り券売り場がガラガラ・・・空いていました。

四月売り切れ1.jpg四月売り切れ2.jpg                売り場前にこんな看板が出ていました。納得です。

  来月で最後なんて・・・この懐かしい歌舞伎座の姿を万感の想いをこめて見あげてしまう・・・
歌舞伎座ライトアップ.jpg御名残四月大歌舞伎
平成22年4月2日初日~4月28日千秋楽


御名残三月大歌舞伎

今月から歌舞伎座は、三部制となっています。閉館まで少しでも多くのお客様にお越しいただこうと言う松竹からの粋な御計らいか?!名残を惜しんで下さいと言う事でしょうか?

好き3月歌舞伎.jpg前後左右のお客様が、遠路はるばる唐津や山口県から御越しと言う事で、びっくり致しました。
歌舞伎は日本の宝・そして歌舞伎座の存在って大きかったんですね~。しみじみ思います。
好き3月歌舞伎1.jpg閉館まであと35日となりました。このボードの前で写真を撮影する人も順番待ちです。
仁左衛門さんファンの私はもちろん第三部にお伺いしました。
第三部の演目は「道明寺」と「石橋(しゃっきょう)」です。

好き3月歌舞伎2.jpg仁左衛門さんが、菅丞相(菅原道真)を演じてお父様、第十三代片岡仁左衛門さんの十七回忌を
玉三郎さんが、覚寿の役で養父十四代目守田勘弥さんの三十七回忌を追善。追善狂言です。好き3月歌舞伎座5.jpg名優を偲びながらの舞台です。仁左衛門さんはじめ松島屋御一門の我當秀太郎・孝太郎氏が重要なお役を完璧にこなしてます。仁左衛門さん演じる菅丞相は、木造と本物の演じ分けが難かしく、木造の時の籠の乗り降りは見事でした。先月に続いて老け役の玉三郎さんでした。この覚寿の役は、老女でありながらも気品・風格・気丈さ慈愛を兼ね備え、娘の仇を討つ凄腕のおばあ様を玉三郎さんの迫真の演技です。二幕目の「石橋(しゃっきょう)」は、中村富十郎親子の獅子物の長唄舞踊です。ぴったり息が合ってました。

御名残三月大歌舞伎
平成22年3月2日初日~3月28日千秋楽

Endless SHOCK

昨日は、帝劇へ堂本光一君の「Endless SHOCK」を見に行きました。今年で10周年を迎えたこの舞台は、バージョンアップを遂げ進化しています。10周年連日満員御礼がでると言う舞台は、ある意味「本物」。ジャニーズだからでしょ~と言う疑いをお持ちの方は劇場に足を運んでほしい。激しく移り変わリ行く現代社会で、変わらずに前を見つめて進化して行く「役者と芝居」に時代と年齢を超え客は入手困難なチケットを求め劇場へ通う。演出・構成・映像・照明・・・全てにおいて完成度の高い舞台になってます。本物しか残らないですよね。
好きSHOCK1.jpgなによりも座長の堂本光一氏の芸域の広さとタフさに驚かされる。この運動量で昼夜の舞台は、凄すぎます。フライングもしなやかで綺麗!タッキーも亀梨君もトッツーも叶わないな~
現時点では、堂本君が最高!
ジャニーズで1番しなやかで綺麗なフライングです。観客ギリギリに飛ぶ低い位置での技術や
2階客席への着地やパフォーマンスも素晴らしい。激しい殺陣も好例の怪談落ちも見事でした!

好きSHOCK2.jpgエンターティナーとしての資質も備えクールに丁寧に一公演・一公演をこなしていく真摯な姿に感動をしました。またジャニーズ兄貴分として昨年よりカンパニーを支えている植草氏の存在は大きい。本日21日の昼公演で、上演回数が700回に達した。おめでとうございます!
このカンパニーだから安心して高いレベルでロングランが出来るのであろう。この舞台のテーマは「SHOW must go on」何があってもショーを続けなくてはならない。
SHOCK MUST GO ON

Endless SHOCK作・構成・演出=ジャニー喜多川
帝国劇場2010年2月14日~3月30日 7月4日~7月31日





今日は、日生劇場へ染五郎さんと愛之助さんの話題の再演「染模様恩愛御書 細川の血達磨[そめもようちゅうぎのごしゅいん]」を見に行きました。

好き日生3月衆道1.jpg禁断の世界「衆道の世界」を覗き見て参りました。ボーイズラブ歌舞伎! と評判ですが、このお二人の美しいポスターを拝見しただけでドキドキします。

好き日生3月衆道2.jpgタイトルにも有るように「染」「愛」染五郎さんと愛之助さんの愛と忠義の物語。他にも市川猿之助一門から、市川猿弥、市川春猿、さらに上方から上村吉弥・・・芝居が盛り上がる豪華な顔合わせです。どこの劇場に伺っても女性客が8割以上の昨今ですが、本日の日生劇場は9割以上が女性客でした。 
この作品には「衆道」と「火事場」という大きな2つの柱があります。大川友右衛門(染五郎)は浅草寺の美しい小姓の印南数馬(愛之助)を見染め忘れられなくなる。友右衛門は浅草寺に日参し、ついに数馬の袖に恋文を忍ばせる。友右衛門は侍の立場を捨て中間・袖助に身をやつして、数馬がいる細川家で奉公する。足軽に取り立てられた日、ついに数馬と再会。歌舞伎には珍しいストレートに描いた純愛。たまたま恋の対象が男性だったのでしょうが、運命の恋です。
数馬の部屋へよばれ、袖助と数馬はお互いの気持ちを確かめ契りを結ぶ。そして数馬は自分の父の敵討のために力を貸してほしいと頼み、お互いの腕を切りつけ、血の約束を交わす。
この場面は、スクリーンで映されたお二人の妖しい立ち位置・脱がせの場面・影が重なって倒れる瞬間は、客席からはため息や歓喜の声・照れ笑い・・・普段の歌舞伎座では、絶対に聞えて来ることの無い擬似音が聞こえて来ました。そしてその興奮した観客の反応を楽しみながら染&愛の演技は、どんどんエスカレートして行くのです。
面白かったです。まさに舞台と観客が創り出す空気感・臨場感なのです。男同士の恋愛が中心ですが、いろいろな愛が混在する芝居です。
2幕目最後の火事場のシーンでは、燃え上がる屋敷の内で、友右衛門の助太刀で仇の図書を討ち果たす数馬。安堵したのも束の間、家康公から本領安堵を許された御朱印状を入れた宝蔵にまで火の粉が移り、友右衛門は一人宝蔵へ入っていきます。格好良すぎの染五郎さん。
この辺りから、年配女性客と染五郎ファンからのすすり泣きが始まります。鎮火の後、越中守や数馬が友右衛門を案じていたが、友右衛門の焼けた亡骸が発見されます。
実は友右衛門は、自分の体にふりかかる火の粉をはらいながら、やっと御朱印を見つけていた。だが逃げ出すのに間に合わないと覚悟した友右衛門は、腹をかっさばき、臓物をとりい出し、その中に御朱印状を隠し、命を犠牲に守り通したことが分かる。という凄惨な場面で有りますが、クライマックス、火中の宝蔵に駆け出して割腹した友右衛門。火に巻き込まれる場面では場内がまるごと火に包まれたよう。客席にも上からスモークが焚かれ、そのスモークをあちこちから茜のライトが照らす。鳴物は響き、場内に激しく吹き上げられた金色の紙ふぶきにライトが当たってまぶしいくらい。まさに炎上する宝蔵を友右衛門とともに体験することになる。夢・幻の世界を体験できます。劇場火災体験イリユージョンも出来る今月の日生劇場です。
大道具・照明のスタッフの御苦労・進化も見どころの一つです。
忠義も愛・殺された父親や妹への仇打ちも愛。男同士の愛が男と男の誠実や信義に昇華していく過程が大変面白い芝居です。

好き日生3月衆道3.jpg37歳の染五郎さんと38歳の愛之助さんが、手をつないで花道を歩く。
違和感の無い綺麗なお二人。恋人同士!楽しそう・・・もう一度見たい作品です。

通し狂言 染模様恩愛御書 細川の血達磨[そめもようちゅうぎのごしゅいん]
日生劇場 平成22年3月6日(土)~26日(金)
東京都千代田区有楽町1-1-1
電話番号:03-3503-3111






アリス 「明日への讃歌」

昨日は、母を連れて東京ドームへ「アリス」のコンサートに出かけました。午前中は、強い雨が降っていましたが、3時開演のコンサートに出かける頃には、雨も止み日差しも出ていました。
ドームへ行くのは昨年の「KAT-TUNコンサート」以来です。我が家を含む年齢層の高いファンで、大変混んでいました。途中30分間のトイレ休憩をはさむ「シニアに優しいコンサート」と思いきや終演は、20時を過ぎる長丁場でした。
好きアリス.jpg途中退席する人も多かったですね。交通手段で止むを得ずの方も多くいらしたのでは?アリスを聞いて育ったアリスを愛する若手のゲストとのコラボも有り、特に「押尾コータロー氏」や「元ジュディマリのTAKUYA氏」とのセッションは素晴らしかったです。全員が参加したメドレーでは、アリスを含め12人が「チャンピオン」を大合唱。4万5000人のファンも「ライラライラライ...」と歌い、会場がひとつになった。3人合わせて182歳のおじ様バンドですが、丁寧で情熱的な自然体の3人は。「冬の稲妻」「ジョニーの子守唄」「チャンピオン」「遠くで汽笛を聞きながら」「エスピオナージ」等の名曲を全36曲も歌ってくれた。若手でも口パクのコンサートが、多い中、このおじ様たちは凄い。美しい日本語で1曲1曲を大切に歌う彼らの歌は魂に響きました。しかしあのドームの固い椅子に5時間は、お尻が痛くなりました。
参加アーティスト 
坂崎幸之助・真心ブラザー・押尾コータロー・TAKUYA・秦 基博・ステレオポニー

ALICE TOKYO DOME 明日への讃歌
2010年2月28日 東京ドーム




スポンサードリンク

Powered by Movable Type 4.25

このアーカイブについて

このページには、2010年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年2月です。

次のアーカイブは2010年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ