2009年8月アーカイブ

石川五右衛門 千秋楽

昨日は、新橋演舞場へ新作歌舞伎「石川五右衛門」千秋楽にお邪魔しました。
石川五右衛門に扮するは、市川海老蔵さん。 
残暑厳しいなか、和装の方も大勢いらしてました。
一階 成田屋受付には、海老蔵さんの御母上様もおみえでした。
演舞場0.jpg

今回の「石川五右衛門」は、人気漫画の原作者として活躍されている樹林伸さんが脚本を
書かれた奇想天外「あり得ない」っていうくらい楽しい作品となってます。
破天荒で女好き、純粋でPUREな海老蔵さんをそのまま表した新たな五右衛門像が見事に
描かれています。不死鳥のように生き返り、平成の現在でも鮮やかに生き続けているヒーローです。盗賊でヒーローは「五右衛門」と「ルパン三世」の二人ではないだろうか・・・。

五右衛門.jpg
幕開けは、三條河原釜煎りの場から始まります。 こうした物語の結末から始まる舞台は、ミュージカルでは、良く見られる演出法です。
「エリザベート」も幕開けは、ハプスブルク家の亡霊たちがお墓・棺桶から起きだし、蘇るところから
始まる。又「モーツアルト」でもモーツアルトの墓前の前から始まります。
楽日の観劇なので、ちょっと種明かしをすると
★豊臣秀吉の側室お茶々のお腹にいる赤ん坊は、五右衛門の子?!
★豊臣秀吉と五右衛門は親子だった?!
とにかくあり得ないお話なのだが、海老蔵さんの殺陣の速さ・美しさは、息を飲む。
中村七之助扮する美貌のお茶々と京都・春の聖楽第での連れ舞いは、
暑さも忘れるほど妖艶で美しい。
親子関係が明らかになる南禅寺山門での秀吉と五右衛門。義太夫狂言には
人物の裏の心理を語るという特性があります。
悪名高き父・秀吉公が、自分を打ちとれば、世の中から「名君秀吉」と言われるに違いないと
悟り益々悪事をはたらく息子五右衛門。
どんなに悪党でもわが子は可愛い。釜の中に五右衛門を助ける仕掛けをする秀吉。
双方の親子の情が、ひしひしと伝わる暖かい新作歌舞伎。
秀吉と五右衛門は、団十郎と海老蔵親子を投影するなかなか憎い演出である。
夏休み 親子で見るのも良い芝居です。 来夏に再演を期待します。

演舞場通り.jpg
外に出るとまだまだ厳しい日差しが照りつける新橋演舞場前です。
強い日差しを浴びながら劇場を後にする観客たちは、みな爽快感に溢れた幸せな表情です!
天晴れ海老蔵五右衛門!

歌舞伎座、29階高層ビルに・・・

歌舞伎座27日夕刊.jpg
今日の新聞夕刊に歌舞伎座の記事が出てました。
新歌舞伎座は、オフィスビルを併設した地下4階、地上29階の高層ビルする建て替え計画を
発表した。来年5月に着工し平成25年春に完成予定。総事業費は約450億円。
計画では、地上4階部分が、劇場になるとか・・・
現在の桃山様式の外観を残し、客席数と舞台の規模は、現在と同程度とのこと。
いずれにせよこの雅な伝統的な建物は胸に刻み、目に焼き付けておきたいものです。

ダンス オブ ヴァンパイア

ダンス・オブ・ヴァンパイア

残暑がまだまだ厳しい8月の土曜日17時半にお城のパーティに行ってきました。
日差しが強く城主のクロロック伯爵・息子のヘルベルト・ホストのヴァンパイア達は
まだ棺からは出てきていない様子。

vp1.jpg vp2.jpg「ダンスオブヴァンパイア」の初演は2006年の夏の帝劇7月8月公演でした。
初演時は3回ほど(千秋楽含め)見せて頂きましたが、これほどお客様と舞台が
一体となり、共に成長したミュージカルは、珍しい。
評判が評判を呼び、一度ご覧になった人が帰りに又切符を買って帰るという現象が見られました。
魂に響く音楽・迫力のダンスシーン・実力たっぷりの役者達の熱演・・・そして演じている楽しさが
役者さん達から私たちにドンドン伝わってくるのです。
演じている人間と見ている人間が、時間・空間・感動を共感できるこのミュージカルはさらに
この夏POWERUPしていました。
前回の市村正親さんが演じたアブロンシウス教授を石川禅さんが見事に禅さんらしく、軽やかに
こなしていらっしゃいました。東京會舘ミュージカルサロンでの吉野圭吾さんとの裏話トークも聞いていたので、楽しんで拝見することが出来ました。予習の効果が大でした。
帝劇の外の気温は夕方でも30度。
舞台は、19世紀ヴァンパイアの故郷として知られる極寒のルーマニアのトランシルヴァニアです。
ヴァンパイア以外の俳優さんたちは、ウールのセーター重ね着で、大汗かいて迫真の演技です。
伯爵のご子息ヘルベルト様はいつもの薄着?この日はバク天も披露して下さり大喜び!
初演時から出演されてるアルフレート役の浦井健治君と泉見洋平君の役者としての成長ぶりも
大変たのもしく見ごたえたっぷりでした。
しかし山口祐一郎様のクロロック伯爵・・・これほど日本の役者でマントの似合う役者さんって
居ないです。トート閣下もクロロック伯爵もあまりに素敵で、闇の世界にさらわれたくなります。

vp3.jpg
VP4.jpg暑い夏!難しい事は考えずに皆さん席から立ち上がり一緒に踊りましょう!
1週間後ある選挙や世の雑事から解き放たれ踊り狂いましょう!良い汗かけます。
夏は帝劇ヴァンパイアが、楽しい夏の風物詩になるよう再演じを願います。
美しい吉野ヘルベルトがリードしてくれます。踊らにゃ損・損です!

そうそう下記の通りパンフレットを購入したら団扇のおまけつきで嬉しい!又献血に行きます!

vp5.jpg


スポンサードリンク

Powered by Movable Type 4.25

このアーカイブについて

このページには、2009年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年7月です。

次のアーカイブは2009年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ