2009年2月アーカイブ

二月大歌舞伎

2009022417540000.jpg

二月大歌舞伎 昼の部を鑑賞しました。 二月も豪華配役・演目です! 

一 菅原伝授手習鏡 二幕  加茂堤  賀の祝い

二 京鹿子娘二人道成寺  

三 人情噺文七元結

義太夫狂言三代名作のひとつに数えられる「菅原伝授手習鏡」は、中学・高校の歌舞伎教室などでも御馴染みの演目です。今月は、橋之助さんの桜丸・染五郎さんの松王丸・松録さんの梅王丸です。

玉三郎さんと菊之助さんの二人の白拍子花子。衣装も同じなら化粧も同じ。対になって踊る二人の花子に宿った怨霊・・・。二人の美しさと妖艶さに酔えます・・・息の合ったお二人の華やかな舞に、 小さな春の訪れを感じます。

世話物大好きな私の今月1番のお楽しみが「人情噺文七元結」 悪い人が一人も出てこないHAPPYENDなこの作品は、笑いあり涙ありで本当に心温まる人情噺です。酒と博打に身を持ち崩すだらしないけれど、憎めない左官屋長兵衛に菊五郎さん・・・もうお上手過ぎます。 女房役の時蔵さんは、初役です。貧家の女房役で貧しい身なりでも何故か綺麗な時蔵さん・・・。生活感を一生懸命出そうと努力されていますが、上品な時蔵さん!これって贔屓目?今1番好きな女形です♥長屋内でのこの夫婦の喧嘩の場面も笑えます。この二人の娘お久を預かる吉原の大籬角海老女将の芝翫さんの凛とした美しさと強さそしてキップの良さ・・・長兵衛へのひとこと・ひとことにもリズムがあり 吉原で大きな店を構える女将さんの懐の深さが素晴らしいです。鳶頭の伊兵衛役の吉右衛門さん・長兵衛の住む長屋の家主甚八役の左團次さん・・・。人情味溢れる粋なお二人もとても輝いていました。すこし前の日本には、威勢が良く情に厚い粋な男の人が沢山居たのかな~? 羨ましい気もする。頑張れ草食系男子たち!! 

二月に歌舞伎座に行くのには、お芝居以外に楽しみがあります。一階売店に打出の小槌を売るおじさんが登場します。 このおじさんは口上を言いながら小槌の中にひょうたん・恵比寿様・大黒様・カエル他の縁起物を納めてくれます。根付の色も選べますよ。写真はおじさんお勧めのものです。金運UPで黄色や紫の根付も売れていたようです。今年は、神頼みのお守りを買う人が多いみたいですね。    もちろん私もその一人です。小槌を振って振って振りまくリます!だって小槌は振ることに拠って無病息災・金運に恵まれるんですって・・・。

来月の歌舞伎座は昼夜にわたり「元禄忠臣蔵」の上演です。今年初めて歌舞伎座で仁左衛門さんにお会いできます。昼夜来れるようにもっと打出の小槌を振らなければ!!

スポンサードリンク

Powered by Movable Type 4.25